• 取締役

    限界の壁を突破したい院長先生の経営参謀

    立命館大学法学部を卒業後、前職、大手経営コンサルティング会社に入社。クライアントの業績アップに関するマーケティングノウハウを駆使し、数千万円の企業から数十億円の企業のコンサルティングに従事。
    クレドメディカル参画後はWEBを駆使した増患対策と患者満足度向上による口コミ発生に注力した業績向上手法と現場主義に基づいた診察効率の改善案を基に皮膚科・耳鼻咽喉科において、数多くの医院の業績アップを展開。皮膚科においては、「自由診療に頼らない保険診療の業績アップコンサルティング」といった唯一無二のノウハウを構築し、皮膚科専門コンサルティングにおける独自の分野を確立。
    5,000万円未満のクリニックから数億円の皮膚科医院の業績アップコンサルティングは勿論、様々な診療科目の立ち上げにも携わることで診療科目に捉われない業績アップの着眼点に基づいたコンサルティング・人材不足の時代における組織体制の強化による経営者とスタッフの「幸福」を追求したコンサルティングに定評がある。

    担当科目
    • 皮膚科
    • 耳鼻咽喉科
  • チーフ経営コンサルタント

    診療効率向上と院内体制強化のプロフェッショナル

    関西大学法学部卒業後、一部上場医薬品販売会社に入社、新規店舗の立ち上げ、年間売上数億円の店舗運営、不採算店舗の再生など店舗経営を行う店長として9年間勤務。その後100名以上のスタッフを統括するマネージャーとして活躍し、店舗オペレーションの効率化、従業員満足度を高めるスタッフマネジメント、顧客満足度を高める店舗マーケティングの分野で力を発揮。
    クレドメディカル参画後は店舗経営を通じて学んだ経験を応用し、現場の理論に即した診療効率化の追求、チーム力を最大限に強化することを意識したスタッフマネジメント、そして患者満足度を最大化する皮膚科医院活性化のコンサルティング活動を行っている。

    担当科目
    • 皮膚科
    • 耳鼻咽喉科
  • 主任経営コンサルタント

    「人の力」を最大限に活かし、
    医院経営を活性化させるエキスパート

    関西大学経済学部卒業後、地域密着型の飲食チェーンに就職。飲食激戦区でも連日人気店舗の現場運営(メニュー開発・接遇をはじめとしたスタッフ育成・POP作成からSNS運用までの幅広いマーケティング)を全て担当。商品力とリピーター客の獲得において、業界でも高評価の飲食店を牽引する店長として活躍。

    クレドメディカル参画後は、競合過多における飲食業界で培ったサービス業の経験を活かし、患者志向を最優先に考えたコンサルティングに注力。徹底した診療調査に裏打ちされた現場改善に対しては医師・スタッフの負担も最小限に抑えることで定評あり。患者さんに選ばれる医院になるためのマーケティング、医院運営に欠かせないスタッフとの人間関係構築に対し、現場に即した実践力のあるマネジメントを強みに医院経営をサポートしている。

    担当科目
    • 皮膚科
  • 経営コンサルタント

    クライアントのありたい未来を実現 業績向上と組織マネジメントのエキスパート

    同志社女子大学を卒業後、実家がチェーン展開を実施している食品製造業を営んでいることもあり、多数の百貨店に出店する大手菓子製造会社の管理部門に入社し、2年間現場での実際のオペレーションを習得。

    実家が営む食品製造業に戻った後、経営陣のひとりとして5億円規模の会社運営に尽力。独自のマーケティング視点で続々と新店舗の立ち上げを成功させ、45ヶ所の販売拠点をマネジメント管理。顧客満足度を重視したマーケティングで市場を見極め、従業員が働きやすい環境のため職場改善のマネジメント分野で力を発揮。仕組みを使って会社を動かす組織作りを社会に広めたいという情熱をもってキャリアチェンジ。

    クレドメディカル参画後は前職で培った職場改善のマネジメントスキル、女性コンサルタントならではの細やかな気配りでスタッフマネジメントには定評あり。また、前職で培ったスキルにクレドメディカルのノウハウをミックスして、患者満足度向上・新規顧客獲得の集患マーケティングを中心としたコンサルティングを行っている。

     

    担当科目
    • 皮膚科
  • 経営コンサルタント

    現場に笑顔を。クリニックに利益を。
    クリニックの未来を多角的に見据える忖度無しのパートナー

    信州大学医学部保健学科を卒業後、医療分野におけるHRソリューション業界へ入職。
    臨床検査技師として日本全国のクライアントへ赴き、多い時で1日70名、年間1万人を超える乳腺エコーを担当。いかに受診者の満足度を落とすことなく業務を効率化できるかに尽力し、オペレーションを現場に落とし込んできた。
    後輩の育成にも携わる中で、現場において医療人に求められていることは、実践能力に加えて組織力向上のためのチームワークであることを実感し、自らが現場の中で会得した教育ノウハウを業界全土に水平展開すべくクレドメディカルへの転職を決意。
    クレドメディカルに参画後は、前職で培ったオペレーション力と持ち前の柔軟な発想でクライアントのお悩みに真摯に向き合い、クライアントの経営・組織課題に対する最大価値を提供し、目的達成のための最適解を提示・実行するコンサルティングを行う。

    担当科目
    • 皮膚科