会員限定情報

【内科医院メルマガ2021年11月号】 クリニックにおけるKPIの活用

皆さんこんにちは
クレドメディカルの池田です。

 

院長先生方はクリニック経営において
毎年どんな目標を立てておられますか?
クリニックによっては
先生方だけでなくスタッフさんが
目標設定をされている
クリニックもあるかと存じます。

 

目標を設定したけれど、、、

  • 目標達成のための取り組みが明確に決まっておらず、目標が宙ぶらりんになっている
  • 新患対策やリピート率の向上など、マーケティングに関する取り組みに対して成果を数値ベースで振り返れていない院長先生の感覚で成果を判断している
  • どんなデータを用いて何を基準に振り返ればよいか分からない

などのお悩みはありませんでしょうか?

 

このようなお悩みを抱えておられる先生方に
今回お伝えしたいのが「KPI」の設定です。

 

 

【KPIとは】

 

KPI(Key Performance Indicator)は、
「重要業績評価指標」というものです。
目標達成をするために必要な取り組みが、
プロセスを追って適切に実施されているかを
数値ベースで評価するための指標です。

 

クリニックであれば、
新患数や新患リピート率(又は離脱率)、
声掛けの回数や処置検査の算定率などが
KPIとして設定されます。

 

KPIを具体的に設定すれば、
売上目標や目標患者数など
クリニックで定めた目標に到達するための
進捗度合いを把握できます。

 

 

【KPIを設定するメリット】

 

・数値化することで目標達成へのプロセスが明確になる
・PDCAサイクルが回しやすくなり、成長が加速する
・取り組みの継続もしくは中止、目標の是正などを客観的に判断できる

 

 

【KPIの設定例】

 

例えば、
「生活習慣病での通院患者を増やす」
という目標を設定した場合、
その目標を達成するために
まずは、1月当たりの目標患者数
算出する必要があります

 

次に1月当たりの目標患者数を
クリアするための行動を考えると…

【健康診断からの通院誘導】
【該当患者の通院継続率を上げる】

などが院内で実践できる取り組みになります。

 

これらに関してKPIを設定する場合、

【健康診断からの通院誘導】については、
健康診断の件数を増やし(KPI1)、
通院への誘導件数を増やす(KPI2)
などが挙げられます。

 

健康診断の件数は目標実現に
必要な件数の達成率を検討し、
通院につながった患者割合は、
健康診断を受けた人のうち、
生活習慣病で受診した人(初診)が
どれだけいるかで検討します。

 

【生活習慣病患者の通院継続率を上げる】
では、継続率自体がKPI3となります。

 

継続率については、
高脂血症、高血圧、脂質異常症などの
患者が1〜2か月毎に来院しているか
を集計することで検討できます。

 

「生活習慣病での通院患者を増やす」という
最終目標に対してそれぞれのKPIが
適切か実数ベースで振り返ることで、
最終目標の達成に向けてどこが
ボトルネックなのか明確になります。

 

皆が積極的に取り組んでいるのに
KPI1,2,3の到達が厳しい場合、
年間目標で立てた
「生活習慣病での通院患者を増やす」
目標件数が高すぎる可能性があります。

 

一方で、KPI1,2,3が
100%近いにも関わらず
目標件数に到達する見通しが立たない場合、
KPIの設定が低すぎる可能性があります。

 

上記のような場合、
年間目標やKPIを見直す他、
KPIを達成するための新たな取り組み
(集患対策やオペレーション改善)
を検討するなど、
KPIを指標にすることで目標達成に向けた
別のアプローチを取ることができます。

 

このように、クリニックで取得できる
数値を用いてKPIを設定し、
そのKPIに基づき
PDCAサイクルを回すことで
様々な取り組みを客観的に評価できます。

 

その評価をクリニック全体で共有することで
スタッフのモチベーション向上や
成長スピードの加速も期待できます。

 

今年も残すところ1か月と少し。
来年の目標を考える際などにも
今回ご紹介した内容を
参考にしていただけますと幸いです。

 

 


今月も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは次回以降の配信をお楽しみに!