会員限定情報

【内科医院メルマガ2021年10月号】 繁忙期こそP/PCバランス

皆さんこんにちは
クレドメディカルの池田です。

 

冬の繁忙期を目前に控え、
発熱患者対応を含め診療体制の
見直しを行われている先生も
多いかと思います。

 

そこで今回は何を、どのように見直すか
ヒントにしていただくため7つの習慣から
P/PCバランスについて
お伝えさせていただきます。

 

P/PCバランスのP、PCとはそれぞれ、

 

● P (Performance)=目標とする成果、結果

● PC(Performance Capability )=成果・結果を得るための資源、能力

 

を指しています。

 

つまりP/PCバランスとは
目標とする成果を出すためには、
成果を得るための資源や能力が必要であり
資源や能力があっても、
成果が得られていない場合には、
機会損失を起こしているということです。

 

P/PCバランスの偏りをなくすことが
成果を最大化するためには重要です。

 

このPとPCは
クリニックに置き換えてみると

 

【P】

  • 患者満足度
  • 患者来院数
  • 医業収入
  • 検査件数

 

【PC】

  • スタッフの人数・能力
  • ホームページ
  • 診療ツール
  • 経営資金
  • 検査キット
  • 検査機器

 

などが当てはまります。

 

例えば、

 

  • 患者満足度を高めたい(P)と思っても、スタッフの手が足りない(PC)ため、患者への説明や案内が不十分である
  • 検査件数を増やすこと(P)が目標だが、検査機器が1台しかなく(PC)、結果がでるまでに時間がかかり、検査件数がなかなか増やせない

 

目標を決めて成果を出そうと思っても
成果を出すために必要な人手や検査体制を
整えないことには、思ったような成果に
つながらないことが分かります。

 

一方で、体制を整えようと、
PCへの過度な注力にも注意が必要です。

 

例えば、

  • スタッフを育成するために、ミーティングの機会を頻繁に作っている。
  • 検査機器の導入について業者と何度も繰り返し交渉した。
  • 1ページずつこだわって、時間をかけてホームページを作成した。

 

それぞれ、
スタッフの育成や検査・診療体制の構築、
質の高いホームページ作り
を目標にしています。

 

もちろん短期的に達成すべき目標という
側面では成果と言えますが、
スタッフの育成も検査診療体制の構築も
質の高いホームページも
患者満足度・診療効率向上、
患者来院数の増加という成果(P)
に対するPCに過ぎません。

 

クリニック経営における成果(P)とは
診察や検査が満足に受けられる診療体制、
それを求めて患者様の来院があり、
結果的に医業収入につながることだと
思います。

 

PCに注力しすぎると、Pに対する行動が
おろそかになってしまい、資源や能力に
見合った成果が得られないことがあるため
P/PCバランスを考えることが重要です。

 

さらに安定した経営を目標とすると、
一時的な成果ではなく継続的に成果を
生み続ける必要があります。

 

そのためには、
スタッフの採用や育成、マーケティング
検査体制の整備や資金調達といったPC
に加え重要な資源があります。

 

それは「院長先生の時間」です。

 

上に挙げたPCを整えることはもちろん、
PCを使って成果を生む戦略や施策を考え、
実行するためにどれだけ先生は時間を
かけているでしょうか。

 

特に2021年は異例の感染症流行を受け
夏期に発熱・感冒症状を訴える患者が増え、
診療が忙しくなり、時間がなかったと
伺うことが増えました。

 

冬の感染症流行シーズンという
繁忙期を目前に控え時間の確保が
一層難しくなることは明白です。

 

そのような状況だからこそ、
どのように効率的に診療を行い、
経営を考える時間を作るのかを
ぜひ考えていただきたいと思います。

 

 


今月も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

本内容が先生方のお役に立てば幸いです。
それでは次回以降の配信をお楽しみに!