クレドメディカル

理想の医療経営を実現するプロフェッショナル

エントリーする

コンサルタントのスタート

コンサルタントのマナー

弊社クレドメディカルは医療機関のコンサルティング会社です。

 

弊社に少なからずご興味を持たれた方がこのブログを読んでいただいていると思いますが
医療とコンサルティングにおいて未経験者が弊社で働けるのか?と不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。

私自身はコンサルタント経験が全くありませんでした。

そして周りで働いている同僚も経験者として入社した者は数人しかおりません。
私も最初はコンサルタントとして一人前に働くことができるか不安に思っておりました。

入社して日もまだ浅いですが、今では少なからずコンサルタントとして力をつけることができていると感じています。

そこで今回は、コンサルタント未経験者がコンサルタントとしてスムーズなスタートを切るにはどのような事に気をつける必要があるのかということをお伝えさせていただきます。

 

コンサルタントは多種多様な知識と経験を必要とする職種ですので、入社して間もない頃はコンサルタントとして活躍できないのは当然です。

そこでコンサルタントの基本を学ぶためには「先輩に教えてもらう」ことがとても大切です。
そして教えてもらうためには自発的に先輩コンサルタントとコミュニケーションがとれるように工夫する必要があります。

コミュニケーションをスムーズに取るために良好な人間関係の構築を行えば、コンサルタントとして活躍する道はぐっと近づきます。

 

私は良好な人間関係を構築するために

「社会人としてのマナー・ルール」
「礼儀」「言葉遣い」「身だしなみ」

など社会人として当たり前のことを適切に実践することが非常に大切であると考えています。

 

普段の行動が良く、信頼できる人は先輩コンサルタントもコミュニケーションをとりやすくなります。

つまり社会人として当たり前の心構えを持ち、実践することで「自分が教えてもらいやすくなる環境」を自分から作っていくことが、コンサルタントとして活躍するためにスムーズにスタートする秘訣です。

 

コンサルタント未経験者は誰でも最初は何もできません。

しかしコンサルタントになるためには初めから特別な知識や能力が絶対に必要というわけではありません。
人間として、社会人として当たり前のことを心掛けて「努力して学ぶ姿勢」さえ持ち合わせていれば、きっと良いスタートが切れると思います。

興味はあるけどしっかり働けるか不安という方もおられると思います。
しかし、最初から特別な能力など必要ありません。
社会人として当たり前のことができればきっと活躍することができます。

 

未経験の方でも不安にならず、ぜひ応募してみてください。一緒に働けることを楽しみにしております。

 

投稿者 : credo-m

  • googleplus