クレドメディカル

理想の医療経営を実現するプロフェッショナル

エントリーする

コンサルティングのやりがいとは

コンサルタントと一言で言っても現在多様なコンサルタントがいらっしゃいます。

一例を挙げますと

  • 経営コンサルタント
  • ITコンサルタント
  • 建設コンサルタント
  • 人事コンサルタント

など多岐に渡ってコンサルタントが存在します。

 

その中でも弊社が提供するのはクリニックを中心とした医療機関へのコンサルティングです。

実際の業務内容は「クレドメディカルのコンサルティング業務について」というページでご紹介しておりますので、ご興味をお持ちいただけた方は是非そちらをご覧いただければと思いますが、今回は日々の業務を通じて得られる“やりがい”についてお話をさせていただければと思います。

 

弊社は経営コンサルティング会社としてクライアントクリニックの事業発展のお手伝いをしておりますので、経営コンサルタントとしてクライアントの収入の増加は欠かせない役割です。

 

一言でクライアントの収入の増加、というと簡単ですがそれに至る道は無数にあります。

その無数の道をマーケティング、マネジメント、オペレーションに大別し、それぞれで感じられるやりがいがあります。

 

マーケティングであれば立地や患者層、診療の特徴を分析し、それらに沿ったプランを実行した結果として患者数の増加を見てやりがいを感じられます。

また、マネジメントでは、スタッフミーティングやヒアリングを通じて課題を発見、解決した結果としてスタッフさんが以前より前向きに働いている姿を見てやりがいを感じられます。

オペレーションでは現場を調査し、問題点を洗い出し対策を立案、先生スタッフさん一丸となってオペレーションの改善に取り組んだ結果として診療効率の改善を得られたり、患者さんのアンケートで「待ち時間が短くなって通いやすくなった」等のお言葉をいただけた際にやりがいを感じられます。

 

もちろん院長先生が抱える問題を解決していく中で院長先生から直接お礼を言っていただきやりがいを感じるシーンもあります。

 

このように日々の業務の中で自分の働きかけの効果を感じ、やりがいと手ごたえを感じられるのは経営コンサルタントならではだと思います。

 

有形、無形を問わず営業職としてご活躍の方は院長先生から課題をヒアリングする部分でご活躍できるでしょうし、小売店などで店舗を運営されている方はスタッフさんのマネジメントでご活躍できると思います。その他にもバックオフィスで活躍されている方は調査や分析でご活躍をしていただけると思います。

 

「転職」というと近隣業界への転職というイメージがあるかもしれませんが、経営コンサルタントとして幅広い業務を行う弊社では今まで培ってこられた能力を活かすシーンがあります。

 

一緒に働けることを楽しみにしております。

投稿者 : credo-m

  • googleplus